夜痒くて眠れないアトピーの人はステロイドが原因だから、今から理由と改善策教えるぞ。

スポンサードリンク







うぃっすホリメグです!

皆さんはこんな症状ありませんか?

は痒くて眠れないけど朝になったらめちゃくちゃ眠くなる現象。

気持ち的に言うとこんな感じ…

 

 

ホリメグ

何で夜に限って痒くて眠れないんだよマジでぶっ殺すぞアトピー…!!

…夜が明けちまっただろうが…!

朝になると途端に…眠く…あぁ…眠い…ああぁっぁぁ…zzz

 

 

この症状が当てはまる人、結構いるんじゃないかな??笑

というか、アトピーの人は大概この症状を経験しているんだよね。

 

子供のときなんか特にそうらしいっす。

 

アトピーの子供を持つお母さん、

ホリメグ
眠れない子供の横についてあげても何もできなかった覚えはありませんか?

 

実際、ワタシ自身もこの症状に悩まされていた一人。

夜寝ようとして布団にもぐると、なぜか体がモジモジ痒くなってくる。

無意識に掻いてしまい、気付けば痒みが止まらない。

 

夏だと朝の4時ごろかな?

日が昇ってきたなぁなんて思ったら、めちゃくちゃ眠くなってきて、結果昼まで寝てる。

 

アトピーになった直後なんてその繰り返しで遅刻しまくった覚えがあるわ…

そんな風に、ワタシみたいに遅刻しまくらないために。

 

違う違う。笑

夜眠れなくて朝に眠くなる症状に悩まされている人に、この原因を説明したいと思います。

 

ステロイドが夜痒くなる原因だった

細木数子の「ズバリ言うわよ。」なんてもんじゃないけど、ズバリ言ってみる。

そう、この原因はステロイドにあるんだよね。

 

ホリメグ
え!じゃあステロイド塗ってる限り夜眠れないやん??

 

と思う人もいるかもしれないけど、そうじゃない。

ステロイド軟膏は、まったく関係ありません。

 

関係しているのは、体内で生成されるステロイド

「副腎皮質ホルモン」ってやつね。

 

副腎皮質ホルモンとは?ホリメグ流解説。

手持ちのステロイド軟膏の原材料名を見てみると、「副腎皮質ホルモン」って書いてあることが多いと思う。

このホルモンは、体の再生機能に深くかかわっていて、これが上手く出る人は回復力も早い。

知っている人も多いかもしれないけど、ステロイドはもともと体の中で作られているものだからね。

 

 

ステロイド軟膏は、この「副腎皮質ホルモン」を改良して作られたものなんだよ。

 

夜痒くなることとの関係性はどこに?

ここもズバリ確信をついていきます。

実は、副腎皮質ホルモン(以下ステロイド)が体の中で生成されるには、日光を浴びることがかなり有効な手段なんだ。

 

 

ホリメグ

そこであなた!夜に痒くて眠れないっていうけど…

お日様が出てないから夜なんだよね…?

 

つまり、日が沈んでいくと、体内で作られているステロイド成分が減っていく。

夜眠りにつこうとした時間帯には、体中のステロイド濃度がかなり低くなっているってこと。

 

なるほどね。

だからお医者さんは眠る前にステロイド塗れっていうのか。

 

当然、ステロイドは免疫抑制作用を持つ成分だから、体中のステロイド濃度が低くなっていくと「免疫抑制作用も減っていく」ことになる。

よって、昼間には平気だったハウスダストやら、ホコリやらのアレルゲンに過敏に反応するようになってしまうってことよ。

 

ホリメグ
お分かりかな?(^▽^)/?

 

改善策を教えてしんぜよう。

ホリメグ
ステロイド軟膏を塗る以外に、改善策はないのかよ!!

いや、それがあるんだわ。

 

思い出してみてほしい。自分が急激に眠くなる瞬間を。

 

寒いところから、急に暖かいところでじっとしていると、眠くならない?

サウナ上がったあと、温泉の待合ルームで眠くならない?

 

実は、これにもステロイドが関係してくる。

体内でステロイドを生成する能力は、自らコントロールすることができるんだ。

 

 

ホリメグ

ん?

よくわからないだろう?

大丈夫。わかるように説明すっから!

 

 

ステロイドを生成するには急激な体温変化

そう。

急激な体温変化は、体内のステロイド生成機能を高める

ことが、研究で分かっているんよ。

 

それも、何回も何回も行うことで、分泌量はさらに増えていく。

 

世の中のおじいちゃんたちが、朝起きて裸で外に出て乾布摩擦していることがある。

以前、理由を聞いてみるとこう答えてくれた。

お爺ちゃん
風邪をひかないためよ。

 

…あたってる…!

体内のステロイドが分泌されるということは、回復力も上がるということ。

 

乾布摩擦という名目で、朝暖かい布団から飛び起きて、上半身裸で外に出るおじいちゃん。

実は、無意識に体内のステロイド濃度を高めているスーパーマンだったのよ。

 

ワタシが行っている対策内容

ワタシは、夜にシャワーを浴びて、最後に冷水シャワーを被るという改善策を実行していた。

実際、辛くてたまったもんじゃないと思ったけど、痒みが消えるなら耐えてやるという一心で行っていた気がする。

 

ホリメグ
結果は明白、その夜はすぐに眠りにつくことができたぞ。

 

あと行っていた対策といえば、ギリギリまで外にいること。

強制的に寒いところにいれば、シャワーを浴びる際の地獄も味わなくていいと思ったからだ。

 

ホリメグ
これも、疲れのせいかどうかしらないけど、まぁよく眠れたよ笑

 

 

まとめ:夜痒くて眠れない原因はステロイドやで

これで、夜眠れなくて朝眠ってしまう症候群の人たちは原因が分かったんじゃないかな?

正直言って、対策方法なんて無限にあると思う。

 

あとは自分で工夫して、考えて、実行するだけ。

 

キーワードは、「体内のステロイド濃度を下げない」ということ。

難しいと思うけど、頑張って。

 

ホリメグ
んじゃまた。

 

スポンサードリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です